プロバイダとレンタルサーバー

プロバイダとレンタルサーバー会社の違い
プロバイダの本来業務はインターネット接続の業者ですが、レンタルサーバーの業務も兼ねるところがあります。
メールアドレスの数が少ない、自由な名前のメールアドレスが使えない、ホームページのアドレスが長くてわかりづらい、ホームページで使用出来るデータサイズが小さい、cgiプログラムの使用に制限があるので当ホームページで度々ご説明しているCMS(ご自分で更新出来るシステム)などのソフトの使用が出来ない等のデメリットがある場合が多いです。

このような理由からホームページやメールを本格的に使用する際は、レンタルサーバーを使用するのが一般的であります。

レンタルサーバーはホームページの開設やメールの運用などを目的としておりますので、ご自分のパソコンからインターネットに接続するためのプロバイダ契約も必ず必要となります。

ホームページの運用にはプロバイダとレンタルサーバー両者の契約が必要となります。

士業事務所の皆様

士業事務所リスト登録方法

当サイトに無料登録し、公開設定にすれば『士業事務所リスト』に掲載することが出来ます。

無料会員登録はこちらから

内容の修正は
ログインして士業リンクを修正して下さい。

登録の方法はこちらをご参照ください。

有限会社ポーカー・フェイス
みんなの顧問